Air-3-Still-Image-2-530x353

世界のドローンシーンをリードするDJIは7月25日に「DJI Air3」を発表した。前作「DJI Air2S」がロングセラー商品となる中、念願だったAirシリーズの最新作ということもあって早くも注目を集めるこのドローンを早速紹介していきたいと思う。

この「DJI Air3」は機首にデュアルカメラを搭載したドローンで、上下2つともメインカメラの役割を担うことが可能。カメラはともに1/1.3インチ CMOSセンサーを搭載しており、上部が広角カメラで下部が3倍ズーム対応の中望遠カメラとなっている。2つのカメラは焦点距離が異なるが、センサーサイズは同じなため、どちらのカメラで撮影しても同等レベルの画質を確保でき、状況に応じてより多様な映像表現が可能だ。

Air-3-Still-Image-1-530x353

上部の広角カメラは、2.4μmピクセルサイズ、焦点距離(35 mm版換算)24 mm、絞り値f/1.7となっており、広大な景色など広く俯瞰した映像を撮影するのに最適。一方で、下部の3倍対応中望遠カメラは、2.4μmピクセルサイズ、焦点距離(35 mm版換算)70 mm、絞り値f/2.8となっており、光学3倍ズームに対応。遠くからでも被写体を確実に捉え、特に人物を被写体とした空撮の可能性を広げてくれる装備となっている。

他にも全方向障害物検知機能や最大46分のロングフライトが可能となったり、映像の伝送にはO4 HD映像伝送システムが搭載されたことで、最大で1080p/60fpsを日本の場合で10kmに渡って使用することができる。

このようにリーズナブルな価格ながらその高性能さが驚異的な「DJI Air3」。新しい空撮ドローンの主役となるのではないだろうか。

※DJI Webサイト
https://www.dji.com/jp/air-3?site=brandsite&from=homepage


DJIからデュアルカメラ搭載の新型空撮ドローン「DJI Air3」が登場!https://www.rcfan-plus.com/wp-content/uploads/2023/07/DJI-Air-3-Aircraft-looking-down-at-22°-from-the-front-530x298.pnghttps://www.rcfan-plus.com/wp-content/uploads/2023/07/DJI-Air-3-Aircraft-looking-down-at-22°-from-the-front-530x298-150x150.pngrcfan-plusDJIドローン関連ニュース>>世界のドローンシーンをリードするDJIは7月25日に「DJI Air3」を発表した。前作「DJI Air2S」がロングセラー商品となる中、念願だったAirシリーズの最新作ということもあって早くも注目を集めるこのドローンを早速紹介していきたいと思う。 この「DJI Air3」は機首にデュアルカメラを搭載したドローンで、上下2つともメインカメラの役割を担うことが可能。カメラはともに1/1.3インチ CMOSセンサーを搭載しており、上部が広角カメラで下部が3倍ズーム対応の中望遠カメラとなっている。2つのカメラは焦点距離が異なるが、センサーサイズは同じなため、どちらのカメラで撮影しても同等レベルの画質を確保でき、状況に応じてより多様な映像表現が可能だ。 上部の広角カメラは、2.4μmピクセルサイズ、焦点距離(35 mm版換算)24 mm、絞り値f/1.7となっており、広大な景色など広く俯瞰した映像を撮影するのに最適。一方で、下部の3倍対応中望遠カメラは、2.4μmピクセルサイズ、焦点距離(35 mm版換算)70 mm、絞り値f/2.8となっており、光学3倍ズームに対応。遠くからでも被写体を確実に捉え、特に人物を被写体とした空撮の可能性を広げてくれる装備となっている。 他にも全方向障害物検知機能や最大46分のロングフライトが可能となったり、映像の伝送にはO4 HD映像伝送システムが搭載されたことで、最大で1080p/60fpsを日本の場合で10kmに渡って使用することができる。 このようにリーズナブルな価格ながらその高性能さが驚異的な「DJI Air3」。新しい空撮ドローンの主役となるのではないだろうか。 ※DJI Webサイト https://www.dji.com/jp/air-3?site=brandsite&from=homepage「RCFan」編集部が運営するラジコン情報サイト